ゲームにロゴスを。

「ゲームにロゴスを。」について

2006-01-22

[]グロック(Grok) 03:44 グロック(Grok) - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - グロック(Grok) - ゲームにロゴスを。

  • グロック?(Grok?)
    • ある対象に対する、直感や共感を超えたレベルの徹底的な理解のこと。
    • Robert Heinlein著「Stranger in a Strange Land(邦題『異星の客』)」に登場する単語。
トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20060122

2005-06-09

[]ARCS?(ケラーのARCS動機付けモデル) [[ARCS]](ケラーのARCS動機付けモデル) - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[ARCS]](ケラーのARCS動機付けモデル) - ゲームにロゴスを。

トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050609

2005-03-28

[]プロシージャル・メソッド 16:32 プロシージャル・メソッド - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - プロシージャル・メソッド - ゲームにロゴスを。

  • プロシージャル・メソッド?
    • プロシージャル・メソッド(procedural method)は算術演算によってディテールを自動生成する方法論のこと。さらに、その考えを推し進め、作り手がすべてを用意するのではなく、コンテンツの成立に受け手(プレイヤー)の積極的参加を促す制作手法・ゲームデザイン方法論のこと。創発と非常に関連が深い。
    • ウィル・ライトの最新作「Spore」はまさにこの方法論のもとにあるタイトルだが、近年の物理演算エンジンを多用するゲームデザインの流行や、過去のメガデモ、パネキットなどのタイトルもこの方法論の元にあると考えられる。その意味では、特に目新しいというわけでもない。GDC2005でこのキーワードが大きく注目されたのは、制作規模の肥大化が避けられないことが決定的に明らかになってきたからであろう。
トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050328

2005-03-16

[]プレイアビリティ 03:37 プレイアビリティ - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - プレイアビリティ - ゲームにロゴスを。

  • プレイアビリティ?【playability?
    • 簡単に言えば「遊べるかどうか」。
    • 但し、客観的なものでプレイアビリティに問題がある、と言う場合は大抵の場合、アクセシビリティやユーザビリティの問題にも関わる問題である。
    • それとは別に、個人的な主観に基づくプレイアビリティ*1も考えられる。

*1:例えば、暴力表現が嫌いなプレイヤーにとっては、それを多用するタイトルのプレイアビリティが低くなる、など。

ftpsbireglftpsbiregl2014/03/18 23:32tjykmhbnfboemphpt, <a href="http://www.gnltwhvkvt.com/">royochmxjy</a> , [url=http://www.mpbaaxpxyg.com/]neivdtygkj[/url], http://www.tersmkywsq.com/ royochmxjy

qtgrmmbodqqtgrmmbodq2014/04/12 00:50ovwfohbnfboemphpt, <a href="http://www.pucuzmvidg.com/">tanwvgpuvj</a> , [url=http://www.zsqqjlwzwx.com/]sxqfeurgrh[/url], http://www.lcatdbgsdh.com/ tanwvgpuvj

トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050316

2005-03-15

[]アサイン 00:05 アサイン - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - アサイン - ゲームにロゴスを。

  • アサイン?
    • ボタン・アサイン(割り当て)のこと。どのボタンにどの機能を割り当てるか、と言う意味で使われる。
    • アサインは○が決定、×がキャンセル、など厳格に統一することが古くから重要視されてきた。そのため別ハードの全く違う開発元のゲームであっても統一されていたりする。
    • なお、ローカライズの際に変更されることがあり、地域差・文化差がある。
トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050315

2005-03-09

[]NGワードその2 04:29 NGワードその2 - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - NGワードその2 - ゲームにロゴスを。

  • ライト層
    • 類:ライトユーザー
  • 仮想
    • 類:仮想現実、バーチャルリアリティ、バーチャルとリアル
  • 売れない
    • 正確には「売らない」だから。

[]NGワードその3 23:41 NGワードその3 - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - NGワードその3 - ゲームにロゴスを。

  • ○○監督
    • 類:○○先生
    • 作り手を天狗にさせるだけだから。現実問題として複数人での大規模な制作が一般的となっている今日現在では、一人の力はあまりも無力だ。映画や漫画のように語ることは出来ない。正しい開発者の理解ではない。
トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050309

2005-02-25

[]便利な言葉 09:40 便利な言葉 - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - 便利な言葉 - ゲームにロゴスを。

  • 複雑系?
    • 簡単に言えば予測不可能なこと。「人生はゲームだ」と言う言葉があるのは、それぞれが複雑系の様相を呈しているからだろう。ゲームとよく比較される映画だが、「人生は映画だ」とは言わない。代わりに「真実は小説より奇なり」と言う言葉がある。この場合小説を映画に置き換えても良い。映画や小説、つまりストーリーテリングのメディアは複雑系の様相を呈さない。類語としてカオス?など。
  • 創発?
    • emergence。はてなキーワードの「創発」はよく出来ている。海外では既にこの言葉がゲームに対して使われているらしいが、日本では稀。もっともこの言葉の意味するところは、ゲームに良く当てはまる。特にシミュレータとしてのゲームを考えた場合には、必須の言葉となるだろう。
トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050225

2005-02-17

[]開発用語 20:00 開発用語 - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - 開発用語 - ゲームにロゴスを。

ゲームの開発用語は統一されているようで統一されていない。例えば「デザイナー」は一体どういう職業の人を指すのか?

北米の場合一般的にはGame Designerのことを指す。国内の場合は一般的にいえばグラフィックデザイナー等の海外でArtistと呼ばれる人を指す。Game Designerのことを日本の場合は「ゲームデザイナー」と呼ぶが、そもそもそういう概念が無く「ディレクター」や「プランナー」などの肩書きで代用されているところも多い。また、「ゲームデザイナー」が開発者一般を指す場合や、酷い時にはグラフィック/インターフェイス/キャラクターデザイナーのことをひっくるめてゲームのデザイナーの意味で使っていることがある。

これで会話が成立する方がおかしい。

[][]先人のことば 20:05 先人のことば - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - 先人のことば - ゲームにロゴスを。

先人やパイオニアの人たちは、文章としてではなくて口頭伝承によって何かを伝えようとしてきた。そのような言葉は時に非常に明確であり、示唆に富む。WikipediaからWikiquoteが派生したように、一単語の言葉だけでなく、一文のことばもまとめる必要があるだろう。特に、文章化が進んでいない現状ではなおさらだ。

たとえば…

  • 枯れた技術の水平思考?
    • 横井軍平氏
  • 我々の顧客は、己の欲するものを知りえない?
    • クリス・クロフォード氏

など。

トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050217

2005-02-15

[]replay value 07:47 replay value - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - replay value - ゲームにロゴスを。

昨日の「やりこみ」に補足して。

引用した部分の前者が「発見」(≒幅)、後者が「挑戦」(≒深さ)による'replay value'を示している。

ABAの日誌

参考に。この辺の意見は興味深い。


[][]いわゆるNGワード 07:55 いわゆるNGワード - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - いわゆるNGワード - ゲームにロゴスを。

「これは便利だね」という言葉よりも「これは使ってはダメ」という言葉のほうが見つけやすい。こういう言葉にはある特徴がある。

  1. あいまいで意味がぶれる
  2. 思考停止を招く
  3. 必要以上に抽象化

こんなところか。

例としては;

  • 「ゲーム性」
    • 類:「~性」
  • 「やりこみ」
    • 類:「作りこみ」
  • 「ランダム」
  • 「面白い」「面白さ」
  • 「ユーザー」
    • 皮肉ならOK?
トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050215

2005-02-14

[]「やりこみ」 00:41 「やりこみ」 - ゲームにロゴスを。 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「やりこみ」 - ゲームにロゴスを。

やりこみの原因(駄研, note)

メモ。この言葉にも色々いいたいことがあるので。

JasoncamJasoncam2017/01/25 04:20печать блокнотов http://wkrolik.com.ua/products/knigi

トラックバック - http://gameandlogos.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20050214